1. ホーム
  2. ベジホッと トマトとジンジャーのホットスムージー
  3. ≫ ベジホッと トマトとジンジャーのホットスムージーの体験レビュー

ベジホッと トマトとジンジャーのホットスムージーの体験レビュー


ベジホッと トマトとジンジャーのホットスムージー レビュー

トマトとジンジャーのホットスムージーとは?

完熟トマトのホットスムージー「ベジホッと」は他のスムージーと違い、最初からホットスムージーとして作られています。

スムージーって夏はいいけど、冬は冷たいから体が冷えてしまいます。また夏はエアコンで室内でも冷え性になりがち。そこで開発されたのがポカポカ新感覚の「ベジホッと」シリーズです。

体温が1℃上がると基礎代謝が13%上がるといいますから、置き換えダイエットで痩せたいと願う方にはとてもおすすめです

もちろん、通常のスムージーと同様に腸内環境を良くする食物繊維が1杯あたり3,000mg、それに乳酸菌やオリゴ糖も入っています。

味は朝専用の「トマトとジンジャー」、夜専用の「トマトとりんご」の2種類で1杯あたり29kcalと低カロリーです。特に生姜入りは体が温まりそうで期待しながら注文しました

注文から到着まで

今回注文したのは完熟トマトのホットスムージー「ベジホッと」の中で一番人気だという朝専用トマトジンジャー味と夜専用ハニーアップル味の2個セット(送料無料)です。

価格は税込で6,436円なので1杯あたり160.9円になります。

注文したのは7月19日で到着したのが7月23日なので到着までにかかる日数は4日になります。早いですね。

トマトとジンジャーのホットスムージー

朝・夜の2個セットで注文した中身です。パンフレットもあります。

トマトとジンジャーのホットスムージー

これがトマトとジンジャーのホットスムージーです。

トマトとジンジャーのホットスムージー

中身です。キラキラと光る粒は砂糖でしょうか。

届いたので作ってみた

ホットスムージーの作り方ですが、10g(カレースプーン1杯)を目安にお湯100~120mlに溶かすと書いてあります。

カレースプーンとはどのスプーンを指すのかイマイチ分からなかったので台所にあるハカリで測ったところ、スプーン2杯分でした。

最初はお湯で割ってみました。ここから先は動画で撮ったのでご覧ください。

食べてみた感想は?

トマトとジンジャーのホットスムージー

ダマにならずよく混ざりました。匂いも色もトマトジュースを温めたような感じです。

飲んでみるとトマトの酸味よりも生姜の辛味が際立ってます。そして全体的に甘いです。

個人的には甘みを減らしてトマト味をもっと楽しみたい感じでした。

トロミもあって腹持ちは良さそうです。

ホットミルクで割って作ってみた

今度はホットミルクで割って作ってみました。動画でご覧ください。

トマトとジンジャーのホットスムージー

スプーンで何度かき混ぜてもダマが残り、少々かき混ぜにくいです。

しかし飲んでみると・・・まろやか!

生姜の辛味も中和され、甘すぎると感じた味もマイルドな甘さに。それでいてトマトスープのような旨さがあります。

時間がたつとトロトロしてきて腹持ちも良さそうです。

ただ飲むにつれ、下にたまった沈殿物が見えてきます。粉の量が多かったのか分かりませんが、かき混ぜやすさ、溶けやすさは今後の課題では?ちょっともったいないと思いました

トマトとジンジャーのホットスムージーのアレンジは?

トマトとジンジャーのホットスムージー

お湯以外にもホットミルクでもできます。牛乳の場合、味がよりマイルドになりコクが出るし腹持ちもよくなると思います。

公式サイトではアレンジ例としてお湯、牛乳の他にもヨーグルトに混ぜるのもおすすめされています。でもヨーグルトだとせっかくのホットスムージーなのに冷たいよなぁ・・・。

食物繊維が入っているので時間がたつとドロっとしてきて食感が変わります。腹持ちが気になる方は少し時間をおくといいかもしれません。

私が感じた不満点とは?

甘い!

ジンジャー味はりんご味よりもさらに甘いです。ホットミルクで割ったらまだマシですが、お湯で割ったら甘すぎて最後まで飲めません!

添加物の欄を見ると砂糖、てんさい糖、黒糖、黒砂糖、麦芽糖など糖類が目立ちます。こういう余計なものはいらないです。

個人的には多少甘いのはいいけど甘すぎるのは苦手なので私にはちょっと甘すぎると感じました。もう少しトマト味を効かせてスープのような感じにして欲しいです(でもそれだとスムージーではなくただのスープになってしまうか・・・)。

定期コースがない!

1袋で約20杯、2個セットだと40日分になります。期間が中途半端だから定期コースにしにくいのでしょうか?継続して飲みたい方でも毎回注文しなくてはならず面倒臭いですね。

まとめ

温かいスムージーという商品コンセプトは非常にいいと思います。さらに生姜入りで体の内側からポカポカになれます。夏はどうしてもエアコンや冷たい飲み物で体が冷えるのでありがたい商品です。

ただし温かい生姜入りのスムージーは温かい生姜入りの野菜スープとどう違うのか分かりにくいです。。逆に甘い分、毎日は飲みにくいかも。

200種類以上の野菜や乳酸菌、食物繊維などが入っているので、野菜不足を解消したい方、置き換えダイット用のスープを探している方、冷え性だけどスムージーを飲みたい方にはむしろオススメなのかもしれませんね。

トマトとジンジャーのホットスムージーの基本データ

通常価格(税込) 3,218円 送 料 648円、2個セットは無料 定期購入価格 なし。2個セットあり
内容量 200g 飲める杯数 20杯 1杯価格/定期購入 160.9円
1杯のカロリー 29kcal 味の種類 朝専用(ジンジャー)、夜専用(りんご) 販売元 コマースゲート
食物繊維 3000mg、デキストリン、ポリデキストロース 定期購入の解約 ————

公式サイト