1. ホーム
  2. グリーンスムージーについて
  3. ≫ グリーンスムージーに含まれる増粘剤って安全?危険?

グリーンスムージーに含まれる増粘剤って安全?危険?


スムージーに使われる増粘剤って?

添加物って気にしだすとどんどん気になってきます。以下の添加物はスムージーの原材料でよく見かけたものです。安全なものもありますが、中には安全性が疑問視されているものもあります。

グリーンスムージー商品の場合、必ずと言っていいほど増粘剤が入っています。キサンタンガムが多いですが、ペクチン、アルギン酸ナトリウムもけっこう入っています。

以下はスムージーで使われている増粘剤を取り上げて、簡単な説明と安全か危険かどうかを解説した表です。グアーガムを除けば増粘剤は安全なようです。

増粘剤の一覧表

増粘剤安全性説明
増粘多糖類増粘安定剤のグアーガム、ローカストビーンガム、タラガム、タマリンドガム、ペクチン、キサンタンガム、サイリウムシードガム、グルコマンナン、キトサンのうち、2種類以上を併用する場合、物質名にかえて「増粘多糖類」という類別名で表記されます。つまり何を使っているのか分からないということでもあります。
キサンタンガム低濃度でトロミや粘りが出るのでドレッシングやソースに使われています。元々キャベツに含まれている成分なので危険性はありません。
ペクチン増粘安定剤として使用され、ジャム・ゼリーやヨーグルト飲料などに使用されます。体への弊害はなく、食物繊維として機能するので整腸作用などがあります。
キトサン食品を滑らかにし、粘り気を与えて安定性を向上させます。豆腐を固める凝固剤や中華麺、ハム、ソーセージなど多岐にわたって使われています。体への弊害はなく、食物繊維として機能するので整腸作用などがあります。
アルギン酸ナトリウム古くから食品の増粘剤、ゲル化剤、安定剤として利用されており、天然ん海藻から作られています。安全性は国連機関で評価されており、安全な物質です。
グアーガム×増粘剤、ゲル化剤、安定剤として広く使われており、マメ科植物グアー豆の胚乳で作られています。製造の際、加水分解することで発がん物質の生成に関係があるという話や、グアーガムの摂取により脳機能障害や喘息など気管支系疾患の症例もあるようです。
タラガムマメ科タラの胚乳から作られており、乳化剤、増粘剤、安定剤として使用されています。天然の抽出物なので安全です。

どの商品にどんな添加物が使われているか知りたい方はこちらをどうぞ♪

103.5.142.6