1. ホーム
  2. 食べるスムージーSaiby
  3. ≫ キューサイの食べるスムージーSaibyを食べてみた体験レビュー

キューサイの食べるスムージーSaibyを食べてみた体験レビュー


キューサイ 食べるスムージーSaiby レビュー

キューサイの食べるスムージーSaibyとは?

青汁で有名なキューサイが開発した新しいスタイルのスムージーが”食べるスムージー「Saiby(サイビー)」”です。

新鮮で濃厚な無添加の48種類の野菜や果物をまるごと摂れるのが特徴で全部で7つの色に分かれています。皮や種ごとすりおろすことで、第7の栄養素と呼ばれるフィトケミカルが色ごとに摂れるんです。

市販の野菜ジュースやグリーンスムージーと違って高温加熱や濃縮していないので食物繊維もたっぷりだし、失われてしまう栄養成分もありません。水も使わず絞った作りたてを真空パックで急速冷凍しているのでいつでも新鮮です。

市販のグリーンスムージーは粉末を水や牛乳で割るのが一般的ですが、キューサイのサイビーは冷凍パックを解凍してピュール状になっているものを食べます。

注文から到着まで

今回注文したのは7パック入りのお試し価格1,150円(税込)です。これに配送料が750円加わり合計金額は1,900円です。

お試しの場合、1食あたりの価格は271円とやや高め。でも定期コース(4セット)の場合は1食あたり250円になります。

注文したのが7月15日で到着したのが7月18日なので到着までにかかる日数は3日です。とても早いですね。

今回、冷凍で届いたので箱を開けて中身を取り出すところを動画で撮ってみました。1分ほどの動画ですが、よかったらご覧ください。

食べるスムージーSaiby

全部中身を取り出した写真つきです。

届いたので作ってみた

7色あるうち最初に選んだのは黄色のサイビー。黄色のサイビーの材料は15種類です。

かぼちゃ、にんじん、レモン、グレープフルーツ(白)、オレンジ、とうがん、にんじん、パインアップル、ヤーコン、ぶどう(白)、だいず、パプリカ(黄)、マンゴスチン、いちご、アボカド。

中でもかぼちゃ、にんじん、レモンなど黄色の野菜や果物に特化。「果物の女王」と呼ばれているマンゴスチンも使用しています

成分的にはビタミンAやビタミンEを含みます。味はオレンジ・グレープフルーツ風味で、1パックあたり37kcalと低カロリーです。食物繊維は1パックあたり1.4g(1400mg)あります。

食べるスムージーSaiby

同封のベジコスメというパンフを見るとキューサイのスタッフで流行っているという「バキバキ割り」が目についたので試してみることに。

食べるスムージーSaiby 解凍

少しだけサイビーを溶かした後にバキバキに凍っている状態を折って器に移して食べます。ボウルに水を張って凍った状態のサイビーを入れます。

待つこと4分、取り出すと半分以上溶けていてバキバキというよりドロドロになってました。バキバキ割りにするなら時間はもっと短くていいですね。

ここから先は動画で撮ってみました。

食べてみた感想は?

食べるスムージーSaiby 黄色

量は90gでやや少なめです。色はかぼちゃに近いですね。

甘いシャーベットのような味かなと想像して一口食べてみると・・・

ん!?思ったより甘くない!

かぼちゃの自然な甘みの中にグレープフルーツの苦味があります。想像以上に野菜の味がしっかりしてるけど全体的にフルーティーなので食べやすいです。

食感はすりつぶしたようなドロドロ感があります。半解凍の状態で食べるとシャリシャリして涼感も楽しめます。

柑橘系のフルーツが好きな方はもちろん、誰でも美味しく感じられる味だと思います。

なお同封のパンフレットによれば黄色のサイビーの簡単アレンジとして以下の2つが紹介されています。

(1)りんごジュースとサイビーを1:1の割合で
(2)炭酸水とサイビーを1:1の割合で混ぜてお好みで蜂蜜を

味の評価

フルーティー:
野菜っぽい :

私が感じた不満点とは?

量が少ない

最初は「小さっ!!」と思いました。

市販のグリーンスムージーの場合、置き換えダイエットが前提で、腹持ちがあるように200mlはあります。ところがサイビーは1パック90gです。どうしてこんな少量なのか?

実はサイビーの場合は普段なかなか摂れない野菜の栄養分を補う目的で食べる人が多いため、以前から少量化の要望があったらしいのです

小腹が空いたときに食べたり、1日に2種類を食べたりできるように90gになったみたいです。1日1パックで1週間で48種類の野菜や果物が摂取できるように作られているのでこのくらいの量がちょうどよいみたいです。

飛び散る

あとの不満点はパックの封を開けてお皿に移すときに飛び散りやすいです。私もテーブルに少しこぼしてしまいました。もっとスルッと取り出せるといいですね。

価格が高い

そしてやっぱり価格。1食あたり250円、28食で7,000円は市販のグリーンスムージーに比べるとけっこう高額。

でも市販のグリーンスムージーは粉末にする製造工程で加熱したり食物繊維を破壊した後に添加物を加えてできています。

一方、サイビーは加熱せず野菜や果物を丸絞りして作っています。栄養面でどちらで優れているかは明らかです

価格の高さを「もったいない」と思うか、「健康への投資」と捉えるかは人それぞれですが、私はこの金額なら健康への投資として「あり」だと思いますよ♪

食べるスムージーSaibyの基本データ

通常価格(税込) 1,150円 送 料 750円 定期購入価格 7,000円/28パック
内容量 90g×7パック 飲める杯数 7杯 1杯価格/定期購入 250円
1杯のカロリー 35~71kcal 味の種類 りんご・トマト風味、バナナ・しょうが風味、オレンジ・グレープフルーツ、ぶどう・ブルーベリー風味、メロン・ケール風味、オレンジ・マンゴー風味、黒ゴマ・カシス風味 販売元 キューサイ
食物繊維 1.4g~2.1g/1パック 定期購入の解約 ——-

※ キューサイの食べるスムージーSaibyシリーズは販売が終了しました。