1. ホーム
  2. 私の手作りスムージーレシピ
  3. ≫ 肌の調子が良くなるバナナ、りんご、ほうれん草のスムージー

肌の調子が良くなるバナナ、りんご、ほうれん草のスムージー


hourensou

以前は粉末のスムージーを飲んでいたのですが、成分と相性が悪かったのか、
肌荒れを起こしてしまい、ニキビで顔が膿んで皮膚科に通う事態に。

食生活の指導も受け、粉末のスムージーから自分で野菜で作るスムージーに変更しました。

テレビなどで特集されるたびに、興味本位で作ってみたりすることもありましたが、
大体が野菜が多すぎるなど失敗して美味しくなく、避けていたのですが
今回ばかりは野菜を摂取するために色々と調べて飲み始めました。

まずは苦手意識をなくすために果物:野菜の割合を8:2から始めることに。
ミキサーで果物、野菜と100ml程度の水。
果物はバナナ、りんご、オレンジを主に使用、
たまに冷凍のブルーベリーを入れるなどしてアレンジしました。

おすすめの組み合わせは一番オーソドックスなバナナ、りんご、ほうれん草。
これは苦手な方でも飲みやすいと思います。

始めは、ほうれん草一株(一束ではありません)から始めましょう。
バナナなどの甘みだけで足りない場合は、はちみつを少し入れて調節しても美味しいですよ。

ほうれん草を小松菜などの葉物に変更するのもありです。

失敗したのは大根とブロッコリー。大根は辛いため量の調節が難しいので
初心者の方にはおすすめできません。

ブロッコリーはツブツブ感が残ってしまい、かなり飲みにくいです。

色んな産地、価格の果物や野菜を使ってスムージーを作りましたが、
一番おしいと分かるのはほうれん草がいいものを使っているときです。

口当たりがなめらかになるので、ほうれん草にはこだわってくださいね。

飲んだ次の日から、肌の調子はよくなり、
飲んでないとハリを感じられないほどになりました。

その後1ヶ月続けてみて、あれだけ膿んでいた肌も炎症が収まりました。
やはり生のものは偉大だなーと思いました。