1. ホーム
  2. 私の手作りスムージーレシピ
  3. ≫ バナナとリンゴと低脂肪乳と小松菜で基本のスムージー

バナナとリンゴと低脂肪乳と小松菜で基本のスムージー


20140417_623464

昔から「朝の果物は金」というように、フルーツは朝食べるのがベストだそうです。
なので、私も毎朝、手持ちのフルーツと野菜でスムージーを作って飲んでいます。

体重はここのところ、ベスト体重を保っていますので、ダイエット効果についてはよく分かりませんが、体調や肌の調子は良い感じがします。

私が作る方法としては、まず昔からあるジューサーの中に、低脂肪乳または、無調整豆乳を100CCいれ、その中にバナナを半分、りんごを皮と種ごと半分いれます。

この基本のスムージーに、小松菜やほうれん草など緑の野菜を必ず一種類はプラスします。
ほかにもアボガドやトマトがあればプラスすることもあります。

フルーツもブルーベリーやラズベリーは冷凍ものをストックすることができるので、プラスしたりします。

最後にオリーブオイルも数滴垂らすのが私流でしょうか。

市販の粉タイプも試供品で試したことがありますが、粉っぽくて口に合いませんでした。
簡単に手作りできるので、自分好みのものを作るのがお勧めです。