1. ホーム
  2. 私の手作りスムージーレシピ
  3. ≫ グリーンスムージーはほうれん草から小松菜へチェンジ!

グリーンスムージーはほうれん草から小松菜へチェンジ!


生のほうれん草を洗って、カットして、冷凍したものを材料にして、
長年「グリーンスムージー」をつくってきました。

けれども最近、実母より

「生のほうれん草ってシュウ酸が多いから、結石にならない?(※注1)

そんなに毎日、生のほうれん草とってたら、結石できるよ。

お父さん、尿管結石できる体質だし」

という、なんだかものすごくコワイ指摘を受けました。

それで最近、グリーンスムージーの材料を、生のほうれん草から、
生の小松菜に変えたのです。

小松菜の下準備は、ほうれん草とまったく同じです。
洗って、カットして、ジップロックに入れて冷凍するだけです。

小松菜は結石の原因となるかも知れないシュウ酸は、ほうれん草の10分の1だかで、なおかつカルシウムがあるので、身体に良いそうですね。

それに、グリーンスムージーの味に関しても、幾分ほうれん草よりも飲みやすいような気がします。

なんとなくグリーンスムージーと言えば、ほうれん草が材料かなぁーと思い続けていたのですが、小松菜もまったく悪くはありませんね。

栄養価を考えると、むしろ良いかもしれません。

※注1

ほうれん草を生で1kg以上食べ続けた場合に影響が出ると言われています。結石にならないためにほうれん草を食べるのをやめる必要はありません。

シュウ酸はほうれん草のあくの成分で水溶性なので揺れることで7~8割減らすことができます。

また、水にさらすことでもあくを抜くことができるのでグリーンスムージーに使用したい場合は流水に流すといいでしょう。